ボルテックスコラム

車のチューニングパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

わかっているつもり

障害物競争をしているがごとく頑張っているのに進まないS2000の立てつけ作業があるにもかかわらず

更にユザーさんの熱意にまけて現車合わせのカナード付け作業をしてしまいました

画像は載せれませんが車種はZ32の本物のチューニングカーでした、

長い時間をかけてたどりついたオーラが出ていました

車両をおあずかりしてユーザーさんの顔をおもいうかべながらの作業はものづくりの原点を
感じます、更にカーショップさんの大変さも体験できました

大変な一日でしたが気づくものがたくさんありました  感謝
スポンサーサイト
  1. 2009/10/23(金) 03:43:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日はMKスポーツさんへ

IMG_2052.jpg
品川駅からすぐの所にありました
IMG_2053.jpg
到着すると森田さんとりつけ作業開始していました

IMG_2058kai.jpgIMG_2057.jpg
スポイラーも装着したころには滝沢さんも到着しセッティング開始

次号レブスピードに掲載予定です

テーマ:ランエボ - ジャンル:日記

  1. 2009/10/16(金) 20:38:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

エアロパーツの歴史

DSC_1885kaiブログ用
エアロパーツっていつ頃から日本で作られるようになったんでしょうか?

僕が知っている事をさかのぼって考えると、レースカーとかにFRPが使われだして

それが一般の車両に付けられるようになったのが始まりだと思います

その頃、関西ではハヤシレーシング、やDOMEとかが創業し、さかんにレースカーを作っていた

まさにその車両のボディカウルを製作していた先人、後にモアコラージュというエアロメーカー

の社長になった方がいます

その頃は材料も製造方法も確立されていなかったので大変だったと思います


近年の製造方法はコストもかかりますがトータルの個人技にたよらず細分化してスピードと精度をあげています

現在のアフターマーケットではたくさん物が動かなくなってきていますが、ここまで来ると
自前でエアロが開発出来る弊社は体質的に他社よりは楽なのかもしれません

先人から引き継がれた技術や情熱はこれからも細く長く続いて行きます

                                             感謝




テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2009/10/13(火) 02:17:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鈴鹿F-1

[高画質で再生]

鈴鹿F-1

[広告] VPS

今回は指定席から初観戦でテレビとはだいぶ迫力が違いました
あまりの爆音のため身重の嫁はスタート前に退散し家に戻ってテレビ観戦にしました

いろいろな要因が考えられますが席にだいぶ空きがありました、それでも観に来ていたお客さんは
最後満足そうに帰っていたように思いました

来年はサーキット側も今年をふまえて改善していく事でしょう
S2000のエアロ制作で忙しいなか良い刺激を頂きました

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2009/10/05(月) 10:38:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

明日からF-1

IMG_1989.jpg
チケットを入手しましたので交替で仕事を止めて見学に行きます
なんせ弊社はサーキットシケインゲートまで200mぐらいのところにありますので
F-1観戦には最高です

そんな関係もありいろんな電話がかかっています

先ほどは「明日朝からコース内でTシャツ売りのアルバイト数人用意出来ませんか?」だって
そんな急な話はどうかと思いましたが3人も行ってくれる人がいて助かりました

週末はサイレンのような爆音と人で賑やかになって仕事はしずらい環境です

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2009/10/01(木) 23:17:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ボルテックスのナカジ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する