FC2ブログ

ボルテックスコラム

車のチューニングパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

風洞実験1

IMG_1612.jpg
IMG_1611.jpg
IMG_1613.jpg
IMG_1614.jpg
DSC_1935nn.jpg
DSC_1930.jpg
DSC_1941nn.jpg
DSC_1970.jpg
DSC_1972.jpg
DSC_1982.jpg
DSC_1962.jpg
DSC_1967.jpg




社内外みなさんのおかげで今回も無事実験を終了する事が出来ました

本当にいつもありがとう

取り急ぎお礼まで
スポンサーサイト

テーマ:風洞実験 - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/05/23(土) 18:32:12|
  2. 風洞実験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風洞実験測定器変更

IMG_1606yy.jpg
前回までは黄色いデジタル吊ばかりを使用して空気抵抗で車が押される数値を
目視にて計測していましたが

今回からロガーに取り込みパソコンにて表示できるようになりました
これによりこの数値を読み取るだけに1人必要だった事が解消されました

これによりこの担当に当たった人は実験中はひたすらメーターとにらめっこ状態という散々な目を見る はずれくじが無くなりました(笑)

まじめな話測定精度が飛躍的に向上し、小さな変化も解析出来るようになると思います
実測で時速60~100㌔までなので、この小さな変化が200㌔以上の世界では
大きく優劣を左右します
_D2X0458.jpgIMG_0012.jpg
こちらが前回の仕様

IMG_0021.jpg
こちらも少々剛性不足だったので補強を入れました
IMG_1609nn.jpg



前回までは「風洞実験をする」と言う事だけにエネルギーを消費していましたが
今回は数値の変化を楽しめるように大きめのテレビにグラフをオンタイムで表示
して「おー!」とか「へぇ~」とか「ふぅ~ん」とか言いながら

数値とテスト内容と合わせて体感し、参加者してくれた人たちに何かを持って帰ってもらえたらと
思います、またレブスピードのDVDの収録もありますのでそちらからも読者さんに

有効な情報をお伝え出来ればやっている意味もあるってもんです



テーマ:風洞実験 - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/05/15(金) 23:44:32|
  2. 風洞実験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2次元シュミレーション

IMG_1540.jpg
100枚組のアール定規をくししてウイング断面を図面化しました

この後CADデーターにして三重大の2次元シュミレーションで解析する予定です
IMG_1541kaii.jpg
図面も残っていますが、現物を切断して断面をとりました
カーボンの目がよれたりして商品に出来なかったものは世に出る事はありませんが
こんな時には役に立ちます
  1. 2009/04/14(火) 22:36:56|
  2. 風洞実験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

風洞実験

昨日は三重大にて次回の風洞実験の打ち合わせを行いました
日程は5月19~22日の4日間

関係者さんは日程の調整をお願いします
また、お手伝いを募集していますので興味のある方はメールにてお問い合わせください
同業者さん、ショップさんもOKです

今回からは共同研究の形で行い、担当の学生さんの卒論にもなりますので
責任重大です

先ずはウイングの断面をCADデータにしてシュミレーションソフトによる
2次面解析を行い今後のデザインデータとなります

実車風洞の方はまずは数値をPCに取り込み精度の高いデーターと出来るように
する事が最優先になります、こちらはサイバーグループの得意分野の一つなので
ネコさんで改良して頂いた測定機器を使えるようにしてもらいます

肝心のテスト項目ですが賞味テスト出来るのは中2日間なので

1日目は現アイテムの性能試験ですタイプ別、幅、高さ、角度、ガーニーなど
地道に測定したいと思います

2日目は内緒のアイテムのお勉強になりますIMG_0019.jpg




テーマ:ランエボ - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/04/08(水) 22:12:13|
  2. 風洞実験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実験報告2

_D2X0185.jpg
IMG_0190.jpg  L/D=2.55
IMG_0188.jpg  L/D=1.06
IMG_0189.jpg L/D=-1.24

L/Dとはダウンフォース/空気抵抗=効率  
で効率のめやすにしています

ならば効率が良ければ速く走れるのか?

もちろん答えは「いちがいに言えません」です

たとえば、極端な話、筑波サーキットの場合、効率の悪いダウンフォースでもエンジンパワー
でカバーしてしまえるのであまり影響が出にくいと思います

サイバー号でももう少しダウンフォースを落とせばL/Dの良いセットは確認できていますが
たぶん山田さんのコメントは「モアダウンフォース」でしょうね

そんな事でサイバー号、筑波ではマックスダウンフォースをねじ込んで!走ってもらっています

同じタイヤで100kg程重い車両をCT230Rのタイムに近づけるにはけっこう大事なポイントです

ちなみに参考までに一昔の資料ですが

ルマンカーがL/D=4
フォーミュラーカー(F3.F1など)L/D=3

以上らしいとの事、独学なので間違っているかも(笑)

そうやって考えるとアンダーパネルの効果が出にくい測定装置での数値にしては

サイバー号なかなかの数値のようです








テーマ:ランエボ - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/08/04(月) 22:47:17|
  2. 風洞実験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
次のページ

プロフィール

ボルテックスのナカジ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する