FC2ブログ

ボルテックスコラム

車のチューニングパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

年賀状にしわ寄せが・・

今年は年賀状が出せていませんのでもしこのブログをご覧になって
いる方で年賀状を弊社に出して頂いた方がございましたら

この場を借りてお詫び申し上げます

原因としては、2人しか居ない事務員さんの一人が退職する事になり、もう一人の事務員さんが頑張ってくれていたのですが

今度はその事務員さんが、良い事なのですが、おめでたになり体調不良状態で・・・

それでもがんばってこなしてくれたのですがこれ以上は無理をさせられませんので年内の優先事項から外しました

机の上の仕事は僕の大の苦手仕事なので通常余裕をもって人数をかけて
いるのですが、これだけ重ねて事が起きるとすべて対応出来ませんでした

元旦にお届けできませんがお許しください、その分商品を開発して
何がしかの恩返しをて行きます
スポンサーサイト
  1. 2006/12/31(日) 19:39:49|
  2. ラボラトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年もお世話になりました

20050726215817.jpg

おかげさまで大晦日を迎える事が出来ました
今年は本当に良い年でした、もちろん問題山積み状態ですが!

ユーザーさんやお取引業者さんそして行き当たりばったりの舵取り
を支えてくれた社員さんに感謝します

残り数時間で新しい年になりますが良い年をお迎え下さい
ありがとうございました

  1. 2006/12/31(日) 12:53:51|
  2. ラボラトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インプボンネットF&E

DSCN1583.jpg

F型とE型2台同時進行でボンネットを製作中です工場の方は
昨日大掃除をして社員さんはお休みに入りました

DSCN1584.jpg

今日からは一人で気楽に仕事が出来ますので初期段階の開発作業は良く進みます

[インプボンネットF&E]の続きを読む

テーマ:インプレッサ - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/12/30(土) 03:46:26|
  2. 商品開発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カタログ用撮影

DSCN1578.jpg

この日はカメラマンのワイズの佐藤さんと岡山にあるランデュースさんのところへエボとインプのカタログ撮影に行ってきました

DSCN1581.jpg

少々お疲れ気味でこの日も待ち合わせに遅れたりと悪循環で撮影も
ぎりぎり夕暮れまでになってしまいましたがなんとか間に合いました
DSCN1582.jpg

帰りはインプF型をお借りしてボンネットとカナードなどのやり残したパーツを取り急ぎオートサロンまでにマスターモデルになりますが間に合わせます

自走させてもらいましたがストリートにちょうど良い足回りで実に快適
な車でした、また午後から一日中お付き合い頂きました浅田社長に感謝ですDSC_05220000.jpg

  1. 2006/12/30(土) 01:07:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スーパーラップ速報 訂正

26日の予定は天候の関係で中止の報告が入りました
筑波に行っても誰も居ませんのでご注意!!

来年1月中の再度行われるそうです

訂正  12月25日 pm9:00

遠方から来られる参加ショップさんがすでに筑波に向けて出発されているようなので、イベントは行われるようです、残念ながらこの時点でサイバー号は参加しない事を決定しています
  1. 2006/12/25(月) 17:04:38|
  2. イベント関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

エボのニュートラルステアを求めて

20061224172441.jpg

スティル号のデモカーですフロントにシーウエストさんのエアロの下にアンダーウイングと追加のスポイラーを装着しています
20061224173510.jpg
(実験の時のカナードと違います)

20061224173731.jpg


リヤウイングはタイプ5wc1600B245を使用しています、この状態でタイヤにかかる前後比率は6:4です

実験翌日筑波を走行したときの山田さんのコメントは「もう少しフロントのダウンフォースが必要」との事でした

現在のサイバー号は7:3ぐらいだと思いますが、バージニア遠征から大型のカナードにしたり取り付けの見直し等によりフロントのダウンフォースが増えたように思います

フロントが増えてリヤがそのままならフロントタイヤを軸にしてリヤタイヤにかかる力は減る事を意味します

エボのむずかしい所は空力でフロントの面圧をあげてやる事でタイヤの限界をあげて、負担を減らし、リヤで調整するのですが

イメージとしては下の図のようになるかな
DSCN1576.jpg

フロントタイヤからうしろは始点が遠い分少ない力で及ぼす影響が大きくなります、実例で言うとラリーカーのウイングがえらい前の方についているのもそのためだとおもいます(かっこ悪いからしませんが)

リヤタイヤのキャパシティーが余り気味なのでなおさらシビヤになります細いタイヤにするかもしくはリム巾だけでもサイズダウンしたりコンパウンドを変えたりしてタイヤの頑張り具合を近づけた方が鈍感になっ

てセッティングしやすいかもしれません、ここは専門外なので具体的な方法はその道の人におまかせしています

アンダーウイングから発生するダウンフォースはロードクリアランス(姿勢変化)でかなり変化しますので、むずかしい事です

そんな理由と重量増しを嫌ってサイバーはフロントのみにしています
もし、フロアーを全面やるときは、空力の重心なら速度変化が少ないので運転席下ぐらいから浅い角度ではねあげます。黒炭号みたいなアンダーパネルを付けたら筑波では普通は辛くなると思います

あくまでも一つの僕的な考えなので間違っていたらごめんなさい参考までに



  1. 2006/12/24(日) 19:19:10|
  2. 商品開発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

筑波サーキットの見所

DSC_0422000.jpg

サイバー号が走る時1ヘアピンスタンド一番上から良く見ます
1コーナーから1ヘア立ち上がりダンロップまでと最終コーナーイン側から走っている所が見れます特に最終コーナークリッピングポイント手前はほとんどの車がアンダーステアで外へはらみそうになっています

そこの大変さを知らない僕は始めてみた時になんでこんなにロスをしているのにそのままなのか不思議でした、もちろんサイバー号も例外では

なく大きなフロントアンダーウイングをつけてもロールしながらアンダーステアでパーシャル状態でした、現在はセッティング次第ではだいぶイン側によれて良い向きで立ち上がっていけるようになっていますが

僕的にはもっと早く回れると思っています、現在でもレブバトル参加車両中そこだけは最速なんですが。

まだまだフロントアンダーウイングの性能を活用出来そうな気がしています、それには一定条件をなるべくそろえた上で一つ一つテストして行かないと難しいかもしれませんが、このクラスになると同じ状態をキープする事自体が大変でかなり難しそうです。

テーマ:ランエボ - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/12/23(土) 01:39:24|
  2. 商品開発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハイパーレブ

DSCN1575.jpg

おかげさまでたくさんの弊社関連記事が載っています、緊張しながら、ありがたい気持で何時間もかけて目を通しました
あまりにタイムリーに掲載してもらいましたのでボンネットなど
まだ商品化出来ていない物もありますが興味のある人は
ぜひご覧になってください

テーマ:ランエボ - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/12/22(金) 18:48:38|
  2. 新製品情報(new product)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

筑波テスト

DSCN1572.jpg
筑波サーキット前で朝ごはんです
DSC_0251000.jpg

ノロウイルスにやられてしまい滝沢さん少々遅刻気味指示を待つサイバー号
DSC_0255000.jpg
今回のエアロ追加パーツ延長ガーニーフラップ
DSC_0254000.jpg
更にブラケットも延長し更に更にブラケットを後方ずらして増大したフロントダウンフォースとバランス調整です
少々やりすぎたような・・

DSC_0299000.jpg
絶不調の滝沢さん奥さんの運転にて何とか登場!
DSC_0324000.jpg
山田さんにノロウイルスをうつしながら?!テスト開始
DSC_0327000.jpg

DSC_0345000.jpg
エンジンはまだ本調子でない物のベストタイムは普通に出ています。
DSC_0356000.jpg


レブバトルの時のボンネット上のカッティングシートのデザインがどうしても気になってしまい、わがまま言ってやり直してもらいました、これですっきりしました(すみません・・)
DSC_0438000.jpg

DSC_0452000.jpg
テスト終了後かたずけの合間の撮影中
DSC_0446000.jpg
帰りは山田さんに新東京駅まで送って頂きいろいろお話が出来て有意義でした
後日再度詰め切れなかったエンジンの調整をマルシェさんで行い本番に望む予定だそうです
今回はやるだけのことはやっていますので、後は運次第では良い結果が望めそうです応援してあげてください

テーマ:ランエボ - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/12/21(木) 00:21:23|
  2. 商品開発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お問い合わせ事項

タイプ5vマウント1500wc(245)
rebusu.jpg

ワイドフェンダーの場合は1500mmがおすすめ
ノーマルフェンダーの場合1400mmがおすすめ

ノーマルに近い車両はブラケット225相当の一段低い
位置も設定がありますのでその方が収まりが良いかも

*保安基準適合品するように製作していますが
 陸運局検査官の判断によ りパスできない
 場合があるかもしれません

テーマ:ランエボ - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/12/19(火) 12:55:36|
  2. 商品説明(よくある質問)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

鈴鹿レブタイムアタック

rebu.jpg

絶好のタイムアタック日和に恵まれ黒炭号&ASMさんがすばらしいタイムを記録しました、結果は後日

パドックをうろうろして、ASMさんでコーヒーをごちそうになったりしていました、たまたま暇そうにしていた谷口さんとお話できましたので、スティル号のレブアタックのコメントを頂きました

夕方工場に戻り気になった所をサイバーの滝沢さんにきいたところ
話が一致しましたので早速20日の筑波のテストに間に合わせてテストパーツを製作します

すでに今年もお正月仕事決定です!!(泣)
  1. 2006/12/19(火) 01:48:39|
  2. イベント関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

問題提示

DSCN1570.jpg

このアンダーウイングは少し前まで協賛と言う形である車両に
装着されていた物ですが・・何の相談も無く、何の結果も出せずにレブ

アタック寸前に交換された物を返却してもらったものです、お世話になった
会社の系列でもありますし、微力ですが自分を含めて業界の知識を少しでも底上げし

て行こうと思い行っています、コピーはかんべんですがまねしてくれる分にはかまいませんし、

みんなで盛り上げて行けば良いと思います、ですが何でもありの無法地帯ではなくせめてすじは通してもらいたいです

心をこめた分、情けない思いをした出来事でした、お取引先を減らすかもしれませんが問題提示としてアップしました
  1. 2006/12/18(月) 22:11:00|
  2. ランエボリアオーバーフェンダー製作日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ローテク商品開発

DSCN1568.jpg

小学生の時に設計していたラジコン飛行機の作り方からあまり進歩していない作り方で現在も新作ウイングの図面を引いています

一分の一スケールにして左右対称なので作るだけなら半分だけ書けば
良いのですが完成のイメージをより正確に再現するためにそうしています、サロンで見ていただけるようにと考えています

  1. 2006/12/16(土) 01:34:52|
  2. 商品開発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスカード

DSCN1566.jpg

シンガポールのガンさんからクリスマスカードが届きました!!
DSCN1563.jpg

レブバトルにアメリカから応援に来てくれたジェイオンデマンドのヒロさんのおみやげです
ボルテックスをとうしてたくさんの仲間が出来ている事に感謝です
もう少ししっかりしなければと思う今日この頃です
  1. 2006/12/14(木) 22:50:54|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レブアタックまでの道のり(スティルウェイ号)

DSCN1476.jpg

タイムアタック用フロントアンダー部
DSCN1498.jpg

佐川での送りに間に合わなかったため兵庫県にあるスティルウェイさんまで持ち込み&立て付けのお手伝いです
DSCN1499.jpg

オイルクーラーやインタークーラーのパイプが干渉していましたので自分としては諦めようと思いましたが、重作業もストレス無くレイアウトの変更等行う技術力に感謝しました
DSCN1500.jpg

DSCN1501.jpg

自分が思っていたよりも早く作業が進んだため一度鈴鹿に戻ってサイバー号の部品を横浜まで持って行く時間の余裕が出来たのでサービスエリヤにて睡眠時間がとれたことはラッキーでした(感謝)
DSCN1504.jpg

DSCN1549.jpg

DSCN1550.jpg

デフあたりから異音が出ていましたので今回のイベントは無難に消化し4月に行われるエボ&インプのイベントまでに箱換えからエアロパーツの交換を行い関西最速をめざします

テーマ:ランエボ - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/12/12(火) 20:50:57|
  2. 商品開発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

レブアタックまでの道のり(ランデュース号)

20061212195529.jpg

デザイン段階で企画上絵にしました
20051202220541.jpg

カナード無しですがエアロが完成しました
_D2X1175.jpg

カナード付きにしてフェンダーがノーマル状態
_D2X1150.jpg

タイムアタック号からのフィードバックによりアンダーウイングをオプション設定
DSCN1443.jpg

フロントオーバーフェンダーの製作中リヤフェンダーはツラ位置
フロントのみワイドにするためのフェンダーです、プラス15mm

DSCN1470.jpg

DSCN1468.jpg

DSCN1436.jpg

アンダーウイングもドライカーボン製にしてSPL軽量化!
DSCN1473.jpg

ボンネットはドライカーボンより軽く出来たウエットバキュームカーボン製(ハニカム入り)、この時点で2.8kgでした、塗装前提なら同じ物も製作可です
DSCN1471.jpg

DSCN1472.jpg

ウイングもドライカーボンに変更
DSCN1481.jpg

ボンネットは塗装段階で約800グラム重くなってしまいました
注)これらは試作品ですので実際の製品は裏骨や雨カバーが付きますので同じ重さでは出来ません
DSCN1491.jpg

DSCN1475.jpg

リヤアンダートレイは見た目ウエットカーボン中身はウエットバキュームカーボンの合わせ技、内緒にしておいてください、これらは成形技術向上のためテスト的に行っています、普段からある程度このような事をしていないと時間が無い時に技術的な冒険はできませんのでスタッフも少し力が付いてきたようです、「稽古不足は幕を待たない」です古い!
DSCN1478.jpg

DSCN1497.jpg

ランデュース号とサイバー号同時に塗装済みにて送りました
DSCN1520.jpg

ウインカーの位置を間違えました、アウトレッド後方に変更です
DSCN1516.jpg

アミ無しボンネットは少し派手に見えますが、どこにでもあるものを作っていたのではボルテックスらしくありませんので行ってしまっているユーザーさん用という事で!

高速域でのリフトを抑えブレーキング時の反応を向上させます
DSCN1512.jpg

DSCN1536.jpg

DSCN1539.jpg

結果的には2位でしたが最高速や区間タイムを見るとタイヤ選択以外は
完璧にストリートクラス最速車だったことが解っていますので納得しています
次回トーヨータイヤ&ブロック研磨までした物を持ち込むかどうか思案のしどころでしょう、「レースは結果」と言う定義が僕にはありますので、僕的にはありかなぁ~?

テーマ:ランエボ - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/12/12(火) 20:10:43|
  2. 商品開発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

レブアタックまでの道のり(サイバー号)

DSCN1137.jpg

手間のかかる2ピースバンパーにした理由はこれをするためと足回りとエアロのロードクリアランスを別にセッティングできる配慮から生まれた物です、ちなみに今回サイバー号はバージニアの時をふまえて前側16.5mmホイルアーチ付近11mmアンダーウイングを下げました
DSCN1160.jpg

取り付け強度の見直しをしてダウンフォースを確実にタイヤに伝えられるようにしました又、作業性も戦力ですのでメンテナンス性向上を図りアンリミテッドさんの負担を少しでも減らせられるように工夫しました
DSCN1152.jpg

DSCN1161.jpg
時間切れにてサイバー号横浜へ戻し後日塗装済みエアロをアンリミテッドさんに持ち込み立て付けしました、このときは夜中からの作業となりバッチリ朝までかかりました、それでも快く協力して頂いたアンリミテッドさんに感謝です
DSCN1174.jpg

レブバトル前章戦のバージニアのイベント遠征前富士でテスト走行です当初リヤトレッドのテストだったと思いましたが・・・
DSCN1252.jpg

更に遅れていた大型カナードの製作、結局遠征のバッゲージに詰め込んで現地にて取り付けを行いました
DSCN1313.jpg

DSCN1323.jpg

cyberfrontwet.jpg

ほとんどウエットコンデションの中、山田さんの慎重な運転により一度もコースアウトせずイベントを消化しました、サイバーグループに貴重な経験をさせて頂きました
DSCN1456.jpg

アメリカからサイバー号が戻ってくる間にランデュース号にてボンネットの開発をします、イメージとしては筑波最終コーナー手前、リフトを減らす事によるダウンフォース増加でブレーキングの反応を良くするのとアンダー対策に威力を発揮です。
DSCN1468.jpg

DSCN1474.jpg

DSCN1489.jpg
このころになると自分の体力もだいぶ消耗していましたので量産のメンバーにだいぶ無理を聞いてもらっていました、また画像にはありませんがボルテックスからの独立組のひとつであるzeekの中村さんに一週間応援に来てもらいました、もし彼が居なかったらだいぶ
間に合わないものが出たでしょう(感謝)
DSCN1497.jpg

サイバー号、ランデュース号どちらもカッティングシートはり作業がありましたので最優先で仕上げて送りました
P1200706.jpg

DSCN1507.jpg

スティル号の取り付け作業から戻ってサイバー号モデファイを滝沢氏リクエストに一工夫した物を製作して急いでレンタカーに積み込みアンリミテッドさんまで持ち込み作業です、今回借りたレンタカー(アルファード)が高速道路の運転が快適で助かりました
DSCN1508.jpg

1時に集合してアンダーパネルを取り付け後、なんとかレブバトルに向けて筑波まで移動です
DSCN1510.jpg

DSCN1511.jpg

DSCN1526.jpg

結果はいまいち不発に終わりました、まだ公表は出来ませんが全参加車中、今までたまにしかきれいに走れなかった最終コーナー手前からスタートラインまでの、セクター3では唯一10秒を切るタイムを出していましたので12月26日のスーパーラップでは期待大です
次回は滝沢氏も富士と筑波で事前テストをして望み気合十分です!!
「万事を尽して天命を待つ」といった所でしょうか!

o9okXJymJ47sCNBM3603ks3kskXL0031.jpg

画像はアンリミテッドさんホームページから拝借しました

テーマ:ランエボ - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/12/12(火) 19:32:29|
  2. 商品開発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

レブアタック1

ボルテックスとしてはアフター業界の空力の底上げを使命としていますので、今回のイベントにむけて最大限の努力をしました、その模様は後日お伝えします。

今、会社に戻りましたのでイベントの感想をご報告
コンデションは良い中でのイベントとなりましたので好タイムが出た車

両がたくさんありました、特にFRで55秒台に入れたアールマジックさんはすごい記録でした、そしてASMさんのS2000もここに向け

て確実にテストを重ねすばらしいタイムを更新しました、今回最速タイムを記録したMスピードさんのGTRは55秒2とすばらしいタイムです

サイバー号はマイナートラブルで沈んでしまいました(涙)
これはイベントに参加する以前の問題をかかえていますので
起こるべくして起こった結果だと思います納得はしていません

ランデュース号は更なる軽量化と事前のにテストをして仕様の確認をして前泊したりと予定どうりに参加し、タイム的には目標の1分切りに千分台で届きませんでしたが好タイムを記録しました、このストリートクラスの優勝者はオーテックツカダさんのGTRで59秒6を記録しました、ただこのタイムはトーヨータイヤの超ソフトラジアルタイヤ(市販品)を使用してのタイムなので微妙ですが、塚田さんのすごい所はアドバンとBSも用意してのぞんだ所が役者が上でした
車で勝ってレースで負けたと言う感じで納得です

スティルウェイ号は2年ぶりの参加ということで今回はとりあえず急きょフロントカウルのみタイムアタック用を装着し参加しましたが、トラブルを抱えての参加だったため控えめにしていましたもし、無理をしてオイルを出したら迷惑がかかるためしかたなかったとおもいます

ほかにもボルテックスのウイングを装着して頂いている参加車両がユーノスコスモのEST福山さんは1分切り達成、ユーノスで参加のハンドレットワンさんはトラブルで本来の実力を発揮できずで残念でした

GTRで参加のベストモータスポーツさんは5ラップバトルまで参加し
安定感抜群でした、ほかにもディフェンドさんGTRなど本当にたくさんのデモカーに装着されてありがたかったです

印象としてはテストを重ねて調整を確実に出来ている車両が数台もあったことでした、やれば出来るんだと証明していたMスピードさんのGTRの走りはグランドフェクトをきっちり使いこなしていました

見ているだけで積み重ねた物を感じました感動もんです

それぞれの想いを持って参加しているショップさん、ノーマルに近い所でどこまで出来るか一般ユーザー車そのままの状態でここまで行けると

か、自分たちの技術向上をユーザーさんにフィードバックとか最新のレーシングテクノロジーを駆使して限界タイムに挑戦している所とか

限られたクラス分けの中でトップタイムの車両しかあまり雑誌にはのりませんが、ボルテックスとしてはこういうショップさんをこれからも応援して行きますし、ユーザーさんにも応援してもらいたいです。











テーマ:ランエボ - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/12/09(土) 12:17:25|
  2. イベント関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ボルテックスのナカジ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する