ボルテックスコラム

車のチューニングパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

07サイバー号の開発1

DSC_0728.jpg

まずはサイバー号、目標タイムが53秒台!!
そのためには普通に54秒で走れる車にする必要があります。
僕的な方向性はレーシングカーに近づけるのでは無く、チューニングカーの開発なのでボディー下面はフラット化の方向では無く負圧の発生
(掃除機みたいに)させる方法の研究です

入りよりも抜けを管理する方向です具体的には下面にエアーを入れないフロント形状
入ったエアーはサイド下のセパレーターで後ろまで流さずすぐに外へ
排出させます(チューニングカーは十分下面にスペースがありますので
サイドの形状をGTカー風にしなくてもセパレーターで機能できますし、ストリートに使えない物は必要以上につくれません)

理由としては下面の凸凹した形状にエアーを流す事はウイングで発生する空気抵抗よりも大きい事が解っていますので少なくしておきます、リフトも発生しますし・・フロントアンダーウイングの抜けが悪くなり
期待している性能が発生しづらくもなりそうだし(笑)
DSCN1683.jpg
解りにくいですがサイド下のセパレーター前側が奥に入っているのが解るかな?上の画像の方が解りやすいかも知れませんが前から入ったエアーをフロントタイヤ後側からサイド下おまけでサイドのデザインも抜けるようにしてあります

下面を積極的に負圧にするには後ろからエアーが抜けて行っても脇からエアーが負圧により入って来ては意味が無くなるのでシールしている意味もあります、ただここで難しいのは空力の重心が後ろへずれて行くと
リヤタイヤのグリップのコントロールが超困難になる事が想像出来ますので、この辺は実走でテストしながらになります

このへんの開発が進めばストリート号にも更に還元できますからね
そうしたらサーキット走行をされるユーザーさんにも、もっと積極的に
このコンセプトをお勧めしようかな

ちなみに今でもエボのサイドは出来るようになっていますジャッキが入りずらいからと切らないでください!!

ボディー上面のエアーの把握は三重大の風洞で実車テストが可能になれば「え~!!」そうなのみたいなのがたくさん解決されると思いますのでこちらは現在申請の結果待ち。



スポンサーサイト
  1. 2007/07/21(土) 02:29:45|
  2. 商品開発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今から始まります

DSCN2357.jpg

なんとなくまた読んでみたいなーと思いネットで探したらありました

自分が中学生の頃友達に借りて読んだ本、あの時の本と形が違ったけれど中身は一緒だった、ほんと今読んでも古さを感じないと言うか
今の時代にこそ必要な事がいっぱい書いてある。

15歳の少年がこれを読んで感動してその道を目指すなんて変ってると自分でも思います、あの時から27年過ぎてやってきたことを考えると
かなり意思決定に影響を受けているようです(笑)

自分的にはこで一区切りした感があります

前半戦
仕事的には頑張ったつもりだけど50点
それ以外は・・5点

後半戦
次回の評価は20年後という事で、今から始まります!

DSCN2365.jpg

数年前のトラックの宣伝の切り抜きですが、これを見るたびに
「俺は俺に時代を頑張ってきたけれど、おまえ今頑張ってる?」って
言われているようでヘタレな気持ちを戒めています
  1. 2007/07/20(金) 00:54:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Jonndemandのヒロさん来社

DSCN2346.jpg

ヒロさん来社日にたまたま鈴鹿でフォーミュラーニッポンをやっていましたので、せっかくですので観戦しに行きました

今回初めてちゃんとチケット&パドックパスまで買って入場しました
ひさびさのトップフォーミュラーのレース裏は土曜日のせいもあってか

華やかさはぜんぜんありませんでした、人気のGTはGTで問題があるようですが、こちらはこちらで集客の面で課題がありそうです


  1. 2007/07/08(日) 00:40:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

型増し

DSCN2351.jpg

使用頻度の高い型は痛んで来ましたら型を再度作り変えます
製品よりも厚く整形した2次原型を軽く面出しをして
型どり工程に進みます

最近のお気に入りのCDは「こぶくろベスト」です♪

  1. 2007/07/08(日) 00:18:01|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

360モデナ

20070704234540.jpg

20070704234551.jpg

20070704234605.jpg

鈴木商会さんのご依頼にて製作しました
タイプ2 1700 wc 195mm 専用ベース
  1. 2007/07/04(水) 23:49:23|
  2. 新製品情報(new product)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

jondemandのヒロさんより

evostudio3cn5.jpg

次回スーパーストリート誌の表紙になるそうです
海外のチューナーさんの技術が年々上がって来ているようで
とても嬉しいです

  1. 2007/07/04(水) 02:28:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

横浜ASMさん

DSCN2324.jpg

S2000で激早タイムアタック号をプロデュースされているASMの金山さんの所へ先日東京に行った時にお邪魔しました、ここはオートバックスではありますがカーナビもワックスも一切置いていないお店で、外見もあの黄色い看板もありません

レカロシートの販売に力をいれておりたくさんの現物が見られて
しかも当日ほとんどの車種へ取り付けも可能な出来そうでなかなか出来ないビジネスモデルを展開されています

店内は試着出来るシートのコーナーもあり(そうでは無い所の展示品
は許可無く座ったら注意させます)(笑)
多少遠くても足を運ぶお客さんが多いのも納得です

他には金山さんが納得の絶品パーツを一つ一つ丁寧にテストして
お客さんに提案しています、ほんと国内の良い仕事をされている所
にスポットをあて「一緒に頑張りましょう」という姿勢もすばらしいです

イベントや収録また去年はアメリカ遠征にもご一緒させてもらいました
目的、アプローチは違っても地道に努力されているすごい所です

  1. 2007/07/04(水) 01:44:56|
  2. ラボラトリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ボルテックスのナカジ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する