FC2ブログ

ボルテックスコラム

車のチューニングパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハサミ

IMG_0173.jpg
下の物が新品、上の物は毎回研ぎに出してすこしずつ短くなったハサミです

庄三郎のはさみは送るとすぐに研いで送り返してもらえます、すごいのはここまで短くなっても
切れ味が落ちないプロの技です

現在一人2本のはさみを交互に研ぎに出しながら使用しています

これを使用しているⅠ君はこのタイプが使いやすいとの事ですが

自分は超硬のはさみを好んで使用しています、ただこちらはあまりに硬いため
落としたら折れてしまいます
スポンサーサイト

テーマ:工具、道具、知識 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/31(木) 16:37:08|
  2. ちょっと良い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8耐鈴鹿

tsrrace_1217117154_3.jpg


今日は鈴鹿では真夏の祭典コカコーラ・ゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレースが行われます
予選ではご近所さんのTSR(http://blog.eigyo.co.jp/tsrrace/article/9252)さんがポールポジション
との事、ここの専務さんとは数年前に9ヶ月も続く結構大変な研修でご一緒して苦楽を共にした仲


今日も夏日ですがミスの無いよう頑張ってもらいましょう!

ぼくは壁の外側でマイペースで仕事をします(笑)

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/07/27(日) 11:51:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ランエボマガジン VOL. 36

IMG_0170.jpg
今回エアロパーツ特集で先日行われた風洞実験の一部を掲載して頂きました
また、関連商品をたくさん掲載していて感謝しております


まず、一つ訂正がありましたp40「車高を40mm下げるとウイングとカナ―ドを装着した程度の
ダウンフォースが得られる」と書いていますが、これは空気抵抗のお話ですね

簡単にいうと40mmぐらい下げた車の空気抵抗の減少度合いはウイング&カナ―ドの空気抵抗と同じくらいの効果があると言う事、意外ですがその場で比較する事が無い事だけに数値化すると
こんな事も多少見えてきますね
(以前谷田部の風洞実験の時のデータにて)

p43  3台の空気抵抗比較グラフの説明がありませんので簡単に説明すると


0から上の3本のグラフは単純に個別の空気抵抗グラフを一つにまとめたものですね

0から下の3本のグラフは個別のグラフで前後分けてグラフにしていた物を前後のトータルに
したものをまとめたグラフです

3パターンともリフト方向なのでマイナス表示されています


こちらの掲載記事のご質問などありましたら解る範囲でお答えしますね

テーマ:ランエボ - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/07/26(土) 13:34:18|
  2. 専門誌掲載記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

復活にむけて

IMG_0169.jpg
雑誌やマーケットは新車種や目新しい物が取り上げられていますが

まだまだ最速エボはCT9Aでしょう!

ユーザーカーの成熟はこれから更に進んで行くと思います

と言う事でこちらもユーザーカーのタイムアタック車両のオーダーです


実はこれ、去年のハイパーミーティングの5ラップバトルにて大破したスティル号の分ですが
只今再度制作中です

ユーザーさんも大変な努力をされています今後は関西方面のサーキットをメインにされるそうですが、ぜひ筑波のイベントにもこりずに参加してほしいです



DSC_0951[1]
DSC_0984.jpg

テーマ:ランエボ - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/07/23(水) 16:57:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エボ10ウイング

IMG_0160kai.jpg
最近エボ10のウイングのオーダーが入り始めました

どうしても初めの頃にご注文いただくユーザーさんはスタートダッシュで開発される方が多いので
リクエストも多様です

タイプ2~7まで車検対応巾が多いですが専用ベースで通常のウイングから画像のVマウントタイプ

先日はセンターマウントタイプもありました、一概にどれがベストチョイスとは言い切れませんが

ユーザーさん方が弊社デモカーを追い越して行ってしまっている事だけは確かのようです

テーマ:ランエボ - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/07/21(月) 18:36:32|
  2. ランエボエアロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

創業記念日

Poster-A-type00.jpg
DSCN2365.jpg


おかげさまで平成4年7月20日に工場を借りて開業してからもう16年も続けられています
ありがとうございます

よく 「何歳の時に戻りたい?」 とかの話が出ると自分は
(幸運な事に大きな事件とかが無いから言える事ですが)

「もう一度は大変なのでこのままでいい」と答えます

マイペースですが、自分なりには今のところ納得して仕事を出来ていると思います
一人で始めて5年ぐらいは職人気質が邪魔して「人に働いてもらう」と言う所に大きな
壁がありました今でも根本的には変わっていませんが・・


そんなわけでこの辺からは「もの作りは人づくり」と意識して「感謝の気持ち」を忘れないように

これからも細く長く続けて行きたいと思います

                             感謝





テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2008/07/21(月) 13:45:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Ganさん

IMG_0153megane.jpg
シンガポールでお世話になっているガンさん

大阪まで仕事で来ていましたので無理して鈴鹿まで遊びに来てもらいました

昨晩は夕御飯を通訳のTさん、弊社の経理を診てもらっているYさん、そしてスタッフ数名
計8名ほどで食べました

何を食べたらいいのか迷いましたが梅雨も明けたことでやはり夏と言えば・・・

ちゃんこ鍋にしました

わりと皆さんに好評で何よりでした、

「何か高い物を御馳走するよりもみんなで楽しく食事をするのが最高のもてなしになった」なと
かってに思いました

翌朝からお昼までは事務所でお話しした後、大阪に戻られました
海外の取引先と言うとコンテナ単位の取引をイメージしますが

弊社はたくさん作れませんので今は年に数点のパーツの取引程度ですが、「もう少し
安定して納められるように努力しなくては」と感じました

  1. 2008/07/19(土) 17:40:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チームターザン

IMG_0137kai.jpg
IMG_0126kai.jpg
IMG_0146kai.jpg
IMG_0129kai.jpg
IMG_0130kai.jpg

ボルテックスの考えるチューニングカーの定義は「ユーザーさんでも装着すれば同じパフォーマンスを提供できる」事を念頭に開発しています

逆にいえばユーザーさんが同じに出来ない物は開発しない事をチューニングカーの定義としています

もちろん今回もそのつもりでインプレッサのエアロのバージョンアップ品を製作するつもりでいましたが
今回はそれが出来ませんでした

市販化出来ない最大の理由はシャーシを大幅に加工しないと実現出来ない車高設定の車に合せて製作しなければならなかった事です

こうなってしまった理由は省かせて頂きますが今でも残念な気持ちではあります

それでも製作する理由を考えた時、アメリカのタイムアタック野郎の皆さんとコミュニケーション
をとる良い機会が出来るのではないかと考えたからでした

そんな事でチームターザンの関係者には向こうで競争は競争として最大限努力はするが
出来るだけオープンにコミュニケーションをとる雰囲気を大事にしてほしい事をお願いして
製作しました

製作にあたっては商品化出来ない物にあまりコストをかけられませんので出来る限り自分一人で
出来る方法で対処しました、それに絶対的な時間もありませんでしたしね

ボルテックスのデザインをよく理解して頂いている方には気がつかれていると思いますが
非常にオーソドックスにまとめてあります

とは言え人生最大の徹夜作業のもとに生まれたインプ号、愛着が無いわけがありません
今後国内でテスト走行を終え9月の頭にはアメリカへ移動されます

英語はしゃべれませんが共通のイベントをとうして海外にも仲間が出来たら楽しそうでしょ!



テーマ:インプレッサ - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/07/16(水) 14:41:30|
  2. チームターザン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

carboy8掲載記事の訂正

IMG_0123.jpg
IMG_0122.jpg


以前取材して頂いた時の記事であきらかに間違いがありましたのでここを見に来て頂いた人だけでも
訂正させて頂きます、(掲載前に確認とかはありませんのでたまに意図しない事は起こります)

ボンネットとフロントガラスの境目は正圧域でエアーを入れた方が良いと書かれていますが
これは間違いですね、そんなに例外なくここは負圧ポイントでしょうね(笑)

一概に言えない所の記事でライターさんに明確に説明出来なかったので、少々自分が読んでも
意味不明な感じがしました、勉強しまっす

ごめんなさいm(__)m

テーマ:ランエボ - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/07/14(月) 19:21:33|
  2. 専門誌掲載記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ずっと前にイギリスで

IMG_0107.jpg



材料屋さんがサンプル品のドライカーボンを持って来てくれました、これは通常の物の3枚分の厚みが出るようです・・・今はおかげさまでこんな風にドライカーボンもほんとうに身近な材料になりました

91年に自分がイギリスに勢いあまって修行に行っていた時、御世話になっていたところでは
普通にやり取りされていた風景でした、その時は文化の差を感じたものです

なんせあの当時は成型方法は知っていた物の実物のプレプリグ(ドライカーボン)
を見た事が無かったので

ナカジはプリプレグの積層はやったことあるのかい?の問いに

見たのが初めてとは言えませんので 「プリプレグの方は無いけどウエットバキュームなら出来るぞ」

なんて答えて、やらしてもらったものの30分ほどで取り上げられてしまって
一から教えてもらった記憶があります(笑)

今日はそんな懐かしい事を思い出していました

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/07/08(火) 22:45:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

実験結果

IMG_0106.jpg


今回の風洞実験の結果を検証中です、まだまだ測定装置自体の改良を必要としていますが
参考になる数値が出ています

くわしくはランエボマガジンに掲載予定なのでそちらが発売された後、補足しながら
公表したいと思います

たとえばエボ10のカタログには「すぐれたダウンフォースでタイヤの接地性を高めると共に~」
と書いてありますがそれって実際どうなのか?

純正オプションのエアロを取りつけたらどう変化するのか?

など、いままで、製作してから実走の体感フィーリングのみで効果が有る無いの判断から
現状数値的にどうなっているのか?
ならば開発する物はどんな物になるのか

本格的にエアロの開発を進めるにあたっての過程を勉強しながら進めて行きます




テーマ:ランエボ - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/07/06(日) 21:26:50|
  2. 風洞実験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来年のオートサロン

IMG_0105.jpg


早くも来年のオートサロンの申し込みです、うん~ん来年はどのようにしようかな?
いろいろ考え中です

とは言え、今年も顔出し程度の出展になると思います

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/07/04(金) 23:06:20|
  2. イベント関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

voltex evo 10

EvoFrBpc.jpg
IMG_0085.jpg



IMG_0091.jpg


風洞実験を機会にエボ10のストリートバージョン1を仕上げています
デザイン画と同じイメージに出来ていてとてもお上品に出来ていると思います

このくらいがストリートにおいて手軽に快適な仕様だと思います

IMG_0093.jpg


IMG_0087.jpg


アンリミテッドオリジナルダンパーとマフラーも装着しました
http://www.green.dti.ne.jp/unlimitedworks/
IMG_0101.jpg

専門分野で無いのでよくわかりませんが、純正の感じのとても上品な味付けになっています

IMG_0083.jpg

こちらも専門外なのでよくわかりませんが純正よりもわずかに低音なかんじでとても上品な味付けに
なっておりこちらも純正をそんちょうした質の良さが感じられます

ちなみにストリートバージョン2はGTウイングとバランスさせた大きめのフロントスポイラーを考えています


テーマ:ランエボ - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/07/01(火) 23:14:45|
  2. ランエボエアロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ボルテックスのナカジ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する